2011年10月28日金曜日

国分寺を歩く

今日は幼い子供を抱えたお母さん達に英語の授業をしました。

子供達がワーワー言う中を、英語の音読に集中するのは、それはたいへんなことだ☆
それでも母は強かった!! 一時間半の授業をびっちりやるんだな☆
素晴らしい!! 絵本をきっちり読めるようになったら、子供に読んであごたい、というのは本当に強い動機なんですね(^_-) やはり動機の強さは人に力を与えるね☆
教えることは、学ぶこと。 いつも生徒に教えられる僕なのさ(^_^)ノ
P.S. 写真は国分寺の坂と青い空だよ!!
そしてそれを撮る自分の影さ☆

2011年10月26日水曜日

秋の空を見る

このところ体調が今ひとつなのですが、空を見上げれば秋の青空(^_^)ノ


青い空をバックにいい感じの雲。午後の柔らかい光が眩しいなぁ〜!!


騙し合いと隠し合いの人の世の喧騒から遠く離れて空を見上げる時間がなければ、いずれは無関心無感動のアパシーの状態に陥るか、鬱になってしまうな、と思う。


それ程末期的な時代を生きていることは確かだと思う。それでも空はある。

時々、地上を離れる時間を持ちたい。空から見おろす時、僕らは自分の本当の位置がわかるのかもしれない。空から見おろすから、ちっぽけな自分に気がつくのさ!!


何者かのように思い込んでいる自分を諦める瞬間、きっと人は空の青さを思い出すだろう。


秋の空。いいな。
上野火山
劇作家・翻訳家・演出家
volcano.kazan@gmail.com

2011年10月24日月曜日

バースデーケーキ

少し前ですが、まだ稽古の真っ盛り。
出演者のバースデーを祝ってケーキをみんなで食べたんですが、その日のブログに上げるはずが、今日になってしまいました☆

こうやって時期はずれもなかなかいいかも。
少し前をゆっくり反芻するのも悪くない♪

煮詰まった稽古場に一瞬柔らかな空気が流れたのを覚えています。
たぶん夢中になりたいんだよな。夢中になって時を過ごしたい、夢中になって今を生きたいんだよな☆
それが時には煮詰まったり、時には緩んだり、怒ったり、大笑いしたり、切なくなったり、僕らは世界を思いっきり味わう!
芝居をやる意味を時々芝居から離れた時に思い知らされる事がある。

みんなでケーキを分け合って一本の芝居が生まれることもあるんだな。

こんなあたりまえのことが大事なのさ!

2011年10月23日日曜日

デスクトップ☆

仕事場のデスクトップ、つまり机の上ですが、今こんな感じ☆

決して静かな環境というわけではありませんが、集中します。


面白い写真ソフトウェアを発見(^_-)
撮った写真がまるで絵のようになるんだな!スッゴクいい雰囲気♪


仕事の合間にちょっと写真撮影です。

アッ!キクチ君☆
ここでご返事!またの機会においでよ!!待ってます(^_^)ノ


ではでは!

2011年10月12日水曜日

無事公演終了!

劇場に足を運んで頂いた皆様に心より感謝致します☆
本当にありがとうございました!
『イマジン 20㌔圏内』の上演が無事終了致しました。
短い間ではありましたが、連日、客席は熱い熱気で満たされていました。
台風の影響もなく、晴れわたった三日間にも感謝です!

現在、福島第一原発二十キロ圏内がどのような状況になっているのかというご質問を受けました。
写真家の林典子さんがその現場の報告をブログでなさっています。
その一部を引用させて頂きます。

http://myhp.ne.jp/norikoperu/

『・・・・首を固定されたまま餓死した牛の死骸がありました。。。
警戒区域内は家畜だけではなく、多くのペットたちがまだ残されています。国は動物を保護しているとか、対策を取っているとか色々報道されていますが、状況は全然良くなっていません。今にも餓死しそうな犬や猫がウロウロしていましたし、ある商店街の道路では死んだ犬の死体がそのままの状態になっていました。7月16日、17日に国と獣医師たちによる警戒区域内の動物たちの捕獲が行われました。私もその場にいましたが、本気でやろうとしているのか、単なるプロモーションのためだったのか。。。丸々2日あったのに、2日目は午前中で切り上げて終わってしまいました。。
今、民間のボランティアが警戒区域に入るのは禁止されていますが、それでも元の飼い主から連絡を受けたボランティアたちが何とか動物たちを助けようと自費で現場へ向かっています。。。

結局、圏内でパトロールに見つかれば、そのまま捕まります。それは写真家やジャーナリストたちも同じことです。
中に入るなと言われ、「はいはい」とそれに従うだけでは結局それで情報が規制されてしまいます。1年前までは確かに多くの住人が生活していた警戒区域になった町や村が、今どういう状態になっているのかということは絶対に伝えたり、記録する必要があるべきだと思います。そして中に入るかどうかは、もちろん放射能が高い場所がありますし、長時間圏内で動き回るのは安全ではありませんが、それは自己責任で取材すればいいだけであって、本来取材や撮影をすることに対して、こういった規制をする事自体どうなのかと思っています。

私はこの数ヶ月ずっと海外の媒体での取材でアメリカやドイツの記者たちと一緒に仕事をしてきましたが、どこの記者の方たちも「規制があるということは、伝わるべき情報が隠されてしまっている可能性があるし、だからこそその規制を破ってでも中に入らないといけない。今までの歴史を見てきてもそうだった」と話していました。そして、実際に行動に移していました。

福島の撮影はこれからも続けていくので、またアップデートするつもりです。』(林典子さんのブログより引用)

彼女のこの報告でも分かるように、問題は何一つ解決してはおらず、むしろ隠蔽が進んでおります。
林さんのような気骨あるフォトグラファーによる現状報告がない限り、僕らには知り得ない現実が多くあり、それが隠され続けているです。

目を開き、耳を澄まして、今この国に起きていること、そして世界で同時多発的に起きている事柄に注目したいと思います。
僕らは目をそらされてはならない。

演劇の公演が終わったとしても、現実は今もなお続いているのですから。

2011年10月8日土曜日

舞台上二日目☆

夏は終わったと思ってたけど、夏の花が咲いていました☆


今劇場へ向かう道すがら、家の近所の川のほとりに咲いていました♪


舞台は、今日二日目です。
これからスタッフサイドの調整を行い、まずはマチネの準備に入ります。

毎日が再出発で再起動!それが舞台です。

いつでもそうですが、たった独りで、机の上から始まった想像が、やがてキャストによって実在する『人』となり、スタッフが 加わり『世界』が生まれる。想像が創造になる。奇跡だと思う。


僕はつくづく幸せ者だと思います。
人に恵まれ、場所に恵まれ、継続する力を絶えず与えられる幸運に恵まれています。
ありがたいね☆

僕は本当に思うんですよ。参加する人々が皆、何らかの形で幸福になれる舞台がいいな、と。
扱うテーマが悲劇であろうと喜劇であろうと、そう思う。
その『幸福感』こそ舞台を真実に導く力なのだと思うんだな。


今日もまた生き直そう!明日もね♪


劇場で待ってます!

☆上野火山☆

2011年10月7日金曜日

劇場前の空

劇場前から実況中継です☆

上がイタリアン?なせいか、ちょっとヨーロッパの風情があるんです!

階段を降りると劇場入り口。なんともアットホームな暖かみのある劇場、それが『てあとるらぽう』☆

以前放送された『下北サンデーズ』という上戸彩ちゃんが主演したドラマのロケ地でもあります。

さぁ!今日の準備をはじめよう☆


☆上野火山☆

ついに初日☆

ついに初日幕開けです☆
外は青空!夕方からぜひ劇場に足を運んでくださいね♪

小さいけれどパワフルな芝居を観てほしい!

チケットお申し込みお待ちしております!

写真は昨日の場当たり稽古の直前の様子!
俳優は静かに己の生きる場所を確認し、空気感じ、そしてつかんでいきます。

何もない空間こそ演劇の生まれる場所。昔、人はそれをヒエロファニー、すなわち神降りる場所と呼んだという。

僕らは今日、僕らの場所に立つ。

☆上野火山☆

2011年10月5日水曜日

明日から公演本番☆

とうとう、「イマジン 20km圏内」本番がやってきました!
本日の最終稽古を終えたら、明日から劇場入りです☆

キャストの熱気も充実しています。スタッフの緻密な仕事もありがたい。すべてがそろい、今本番がはじまろうとしています!

ぜひ、劇場に足を運んで頂き、一人でも多くの方にこの新作をご覧頂きたいと思います。

季節は夏から秋へすっかり変わってしまいました。真夏からつづく稽古も完了です。

皆様、ぜひ、劇場でお会い致しましょう!!


『イマジン 20km圏内』
【キャスト】
中村元則・眞鍋昌照・岡野愛・村田理美・宮原麻実(山下幼稚宴)・近藤エリ

【スタッフ】
プロデュース:上野火山
舞台監督:土居三郎
照明デザイン : 久保良明(エヂソン ライトハウス)
照明操作 : 三嶋聖子(S.E.W.)
音響:許斐 祐
演出助手:岡野愛
制作:岡崎秀美・空中スケッチ

写真:林 典子
チラシデザイン:岡野愛
映像制作:前田大介
制作協力:オーガニック・シアター/からし種シアター/Edison Lighthouse, Inc./山下幼稚宴

■公演日時
   <開演時間>
   10/7(金)19:00
   10/8(土)13:00   17:00
   10/9(日)13:00   17:00
 
(※ 開場は開演時間の30分前です)

■チケット代(全席自由)
前売券/3.500円 当日券/3.800円(開演30分前から)
(※ 各公演ごとに、高校生以下:2.500円の割引チケットを五枚ずつご用意いたします。先着順ですので早めにご連絡下さい!)

■チケットご予約・申し込み先
<空中スケッチ事務局:メール・アドレス>
kuchu.sketch@gmail.com


■インフォメーション
○空中スケッチ URL
http://web.mac.com/volcano2
○上野火山・公式ブログ
http://volcano-kazan.blogspot.com/
○空中スケッチ・公式ブログ
http://ameblo.jp/kuuchu-sketch/

■劇場 「てあとるらぽう」
西武池袋線「東長崎」駅北口下車 徒歩1分以内
http://www.t-rapport.com