2010年4月18日日曜日

Father And Daugther

短編アニメーションというのは、あまり目にする機会がありませんが、傑作、佳作が多いのです。
「父と娘」というこのアニメーションもその例に漏れず傑作だと思います。
まぁ、オスカーに輝いたというのは、当然かもしれません。
でも、賞に輝いたなんてどうでもいいな、この作品自体がすばらしい!

一言も台詞がありません。 セピア調のアンバーな白黒で、華やかな色合いがありません。
手書きの雑な感じの絵です。 でも、 登場人物の「心」が本当に丁寧に描かれているんだ。
丁寧というのは今の世にあってキーワードかもしれません。
というのも、様々な部分で「雑」で「がさつ」がまかり通っている現代日本では「丁寧」は「もったいない」に次ぐ、いやそれ以上に重要な取り戻すべき価値観のような気がします。
仕事でも、勉強でも、遊びでも、丁寧にやりたい。
丁寧な仕事は、心に響く。 丁寧な仕事は、いずれ開花する。 丁寧に、丁寧に、丁寧に、、、、、。
この八分間のアニメーションは、ひょっとすると意味がつかみにくいかもしれません。
でもね、 不意に伝わるかもしれません。
この小さな物語の持つ意味が。 人生というのは、こんなものかもしれません。人生万歳だな!!
作者の本当に丁寧な仕事のおかげで、僕たちは八分間の奇跡を楽しむことができるのかもしれませんね。
良かったら見てみてください。
僕は好きだな、この小さな物語が。国も文化も、時代もイデオロギーすら超えていく。

『Father and Daughter』

2010年4月9日金曜日

コンピューターが復活☆

今回、突然のコンピューターの不調に見舞われ、ここ数週間、パソコン・ワークがちっとも進みませんでした。
何とか危機を脱したようで、仕事を再開しております。
またブログも継続していきます。
よろしくね!

2010年4月1日木曜日

銀座

久しぶりの銀ぶら。

天気は春めいて、ゆったりと散歩、
のはずだったのですが、実際は我が愛用のパソコンの修理に行きました。

なんとかHDは無事のようですが、初期化は否めません。
穏やかな春の日に大ショック〜!
データよ、とぶなァァァアア!!!
どうも先月あたりから調子が悪かったんだよな。

皆さまもお気をつけください。

泣きそうな気分の銀座ワコー前。。。。

☆上野火山☆