2016年9月28日水曜日

何が失われたのか



随分前のことのような気もしますが、実際はついこの前の出来事。


覚書として上げておきます。

世界で起こっているこれが民主化の正体。

一度失われたものは二度と取り戻せないのかもしれない。しかし、気づくことが大切。


独裁者と糾弾された男を失った後、あの国は何を無くしてしまったのか。


これはその覚え書き。



16 Things Libya Will Never See Again

By Saya on October 24, 2011 in News


  1. There is no electricity bill in Libya; electricity is free for all its citizens.

  2. There is no interest on loans, banks in Libya are state-owned and loans given to all its citizens at zero percent interest by law.

  3. Having a home considered a human right in Libya.

  4. All newlyweds in Libya receive $60,000 dinar (U.S.$50,000) by the government to buy their first apartment so to help start up the family.

  5. Education and medical treatments are free in Libya. Before Gaddafi only 25 percent of Libyans were literate. Today, the figure is 83 percent.

  6. Should Libyans want to take up farming career, they would receive farming land, a farming house, equipments, seeds and livestock to kickstart their farms are all for free.

  7. If Libyans cannot find the education or medical facilities they need, the government funds them to go abroad, for it is not only paid for, but they get a U.S.$2,300/month for accommodation and car allowance.

  8. If a Libyan buys a car, the government subsidizes 50 percent of the price.

  9. The price of petrol in Libya is $0.14 per liter.

  10. Libya has no external debt and its reserves amounting to $150 billion are now frozen globally.

  11. If a Libyan is unable to get employment after graduation the state would pay the average salary of the profession, as if he or she is employed, until employment is found.

  12. A portion of every Libyan oil sale is credited directly to the bank accounts of all Libyan citizens.

  13. A mother who gives birth to a child receive U.S.$5,000.

  14. 40 loaves of bread in Libya costs $0.15.

  15. 25 percent of Libyans have a university degree.

  16. Gaddafi carried out the world’s largest irrigation project, known as the Great Manmade River project, to make water readily available throughout the desert country.





《リビアで二度と見られなくなる16項目》


20111024日、Sayaによる投稿記事


  1. リビアには電気代の請求書が存在しない。電気は全国民、無料だ。

  2. 融資には金利がなく、リビアの銀行は国営で、全国民に対して与えられる融資は、法律で金利ゼロ・パーセント。

  3. リビアでは住宅を所有することが人権と見なされている。

  4. リビアでは全ての新婚夫婦が、新家族の門出を支援するため、最初のアパート購入用に、政府から60,000ディナール(50,000ドル)を受け取る。

  5. リビアでは教育と医療は無償。カダフィ以前、識字率はわずか25パーセントだった。現在、識字率は83パーセント。

  6. リビア人が農業の仕事につきたい場合には、農園を始めるための、農地、家、器具、種、家畜が、全て無料で与えられる。

  7. リビア人が必要な教育あるいは医療施設を見いだせない場合、政府が外国に行くための資金を支払い、さらには実費のみならず、住宅費と自動車の経費として2,300ドル/月、支払われる。

  8. リビア人が自動車を購入すると政府が価格の50パーセントの補助金を出す。

  9. リビアの石油価格は、リッターあたり、0.14ドル。

  10. リビアに対外債務は無く、資産は1500億ドルにのぼるが、現在世界的に凍結されている。

  11. リビア人が、卒業後就職できない場合は、本人が雇用されているかのごとく、特定職業の平均給与を、職が見つかるまで国が支払う。

  12. リビア石油のあらゆる売上の一部がリビア全国民の銀行口座に直接振り込まれていた。

  13. 子供を生んだ母親は、5,000ドル支払われる。

  14. リビアでは、パン40斤が0.15ドル。

  15. リビア人の25パーセントが大学の学位を持っている。

  16. カダフィは、この砂漠国家のどこででも自由に水が得られるようにするため、大人工河川計画として知られる世界最大の灌漑プロジェクトを遂行した。





記事原文のurlwww.disinfo.com/2011/10/16-things-libya-will-never-see-again/


0 件のコメント: